新年度ご挨拶

4月1日、いよいよ参議院選挙の公示まで3ヶ月を切りました。
(有力な候補日は7月10日)
緑茶会は、この選挙を政権交代への重要な第一歩と考え、野党側が自民・公明を破るには「32の一人区」がカギと訴えてきました。
ここで、野党統一候補を実現し、過半数を取れば、複数区は与野党伯仲なので、野党が勝つ!と。
そして、いま、この考え方を新たに誕生した民進党と共産党などが、着実に実現させています。
3月末に、参議院の候補予定者リストを更新しましたが、なんと「一人区」は15選挙区まで野党統一候補が実現しています。
過半数は17。あと2選挙区に迫っているのです。
あと一息、参議院選挙は、いろいろなマスコミの報道とは違って、水面下でマグマが動いているのです。

その行方を占う最大の試金石は、4月24日投開票の衆議院補選。
北海道5区と京都3区。池田まきと泉ケンタです。
これで二つ勝てば、マグマの噴出がはじまるでしょう。

衆参同日選も確実視されています。
衆議院は全選挙区1人区の小選挙区制です。
この一人区での統一候補作戦と同じように、話を進めていく必要があります。
緑茶会でも早急に、その準備を進めています。
みなさんも地元選挙区をしっかり睨んで、安倍政治を終わらせましょう!

2016年4月1日

Share

2016年1月末緑茶会参院選現状分析

町村信孝前衆院議長の死去に伴う本年4月24日の衆院北海道5区補選が、今夏の参院議員選挙が衆参同日選挙になるか否かを占う重要な選挙になりそうだ。
民主党からは北海道連常任幹事の池田真紀氏(43)が無所属で出馬表明。共産党との連携への含みだ。安全保障関連法成立後初の国政選挙で、池田氏は同法に反対する市民団体から出馬要請を受け、民主道連は野党統一候補として推薦する。5区補選には町村氏の娘婿で自民党の和田義明氏(44)と共産党の橋本美香氏(45)が立候補を表明している。橋本氏が立候補を取りやめ、池田氏が野党側の統一候補となれば勝機もある。もし、票が割れて、自民党が圧勝すれば、衆参同日選が確実となるだろう。

Share

ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
いよいよ2016年、参議院選挙イヤーとなりました。
マスコミ報道は「自民党強し」そして、大阪維新を取り込んだ参議院での憲法改正発議に必要な3分の2の議席確保が焦点というものばかり。
どうして、こんなに正しくない報道があふれているのでしょうか?

緑茶会は昨年末に、参議院の「一人区選挙区の過半数で野党側が勝つ可能性」という、マスコミ報道とは全く逆の分析をアップしました。
http://ryokuchakai.com/?p=480

なぜ1人区にこだわるかというと、比例区はこれまで自民党が圧勝していたときでも野党側が負けたことはありません。複数区は、与党と野党が票を分けますのでイーブン(対等)。つまり1人区が雌雄を決するからです。

まず、全選挙を通じて、昨今の自民党の一人勝ちは「有権者の棄権」が最大の原因であることを訴え続けています。今や4000万人、40%以上の有権者が棄権、その結果、残る得票数50%強の投票数の中で、必然的に20%程度得票の自民党が最大勢力となるということを繰り返しています。

過去の得票数を合算すると、衆議院でも参議院でも野党側が自民党を上回っている選挙区ばかりです。だから連合すれば勝てる!のです。
具体的な選挙区名、候補予定者名まで緑茶会はピックアップをしています。
その19の重点選挙区で自民党を勝たせなければ、憲法を変えられることはありません。
それどころか雪崩を打って安倍政権崩壊ということも・・。

新春の初夢を正夢とするために、みなさま頑張りましょう!

Share

【参院選選挙2016】32の一人区のうち、過半数の選挙区で野党側が勝つ可能性あり!(2015年12月24日)

参院選選挙区情報を更新しました。

参議院選挙は選挙区の結果が勝負を決めます。
中でも32に増えた1人区の過半数をとることが、結果を大きく左右します。
なぜなら比例区選挙では野党が常に勝っており、選挙区選挙でも複数区では与野党が伯仲(互角)となるからです。
つまり、1人区で自民党に大勝ちをさせると、自動的に自民党が勝つ。
それを阻む取り組みが、野党統一候補という形で、各地で行われていることがわかりました。

野党が候補者を統一すれば過半数の選挙区で野党側が勝つ可能性がでてきました。以下の選挙区です。

秋田山形岩手宮城福島栃木新潟山梨長野石川
鳥取/島根岡山愛媛香川徳島/高知大分熊本鹿児島
沖縄

Share